トップ レントゲンナビについて 相互リンク お問い合わせ 無料掲載について サイトマップ

レントゲンナビ放射線診療1 > 治療と放射線

治療と放射線

治療と放射線の画像

放射線は医療の現場で活用されています。放射線と医療の関係を考えた時、真っ先に思い浮かぶのは画像診断などの検査かもしれませんが、最近ではこれだけでなく、放射線を実際の治療に使う、という方法も多く見られるようになってきました。なぜ、検査だけでなく、放射線を治療に使うことができるのでしょうか。それは、放射線の特性を考えることで見えてくるかもしれません。放射線の特性としては、物質の中に放射線を通してみるとわかります。

放射線が走った部分は、その道筋の通りに物質の分子が電離するという状況が起こります。この作用によって、放射線はその道筋にある細胞を殺すことになります。細胞が殺されるのは、主にDNAが切断されることによるものです。DNAが切断されてしまうと、細胞が分裂をしながら成長することができなくなり、死滅してしまうのです。

たとえば、よく放射線治が行われているガンについて考えてみましょう。ガン細胞は、通常の細胞よりも活発に分裂を繰り返し、早く成長していくという特性があることが知られています。この特性に放射線の性質を使うことで、ガン細胞の分裂、成長を妨げることができるのではないか、というのが放射線治療の目的です。

もちろん、放射線は特定の細胞だけを死滅させるのではなく、照射すればその道筋にある細胞を死滅させてしまうことになります。ですから、ガン治療に放射線を使うためには、ガン細胞のある病巣部分をしっかりと特定させ、ピンポイントで放射線を照射させることが必要となってくるのです。

このことに気をつけて臨めば、開腹での手術のように患者さんに大きなダメージを与えることなく、ガン細胞だけを死滅させる、という理想の治療を行うことができるのです。ただし、気をつけなくてはならないことは、副作用についても考えておかなくてはならない、ということです。化学療法でも副作用はありますが、放射線治療でもやはり副作用はあります。どのような治療を選択するとどのような副作用があるのかについてもしっかりと理解して治療に臨まなくてはなりません。



スポンサー広告

ネットショップ広告


レントゲンナビのおすすめ業者一覧はこちら。

今日のお勧め記事 ⇒ これからの放射線の可能性

放射線に関する医学、また放射線科は、これから一体どのように発展していくのでしょうか。これからの放射線医学の可能性について考えてみることにしましょう。X線の発見から発展しはじめた放射線医学ですが、最初は物体を透過するということさえが奇跡だったところから地道な発展をしてきました。 X線検査は当初は平面的な画像による診断飲みでしたが、それがCT検査のような断層画像を使った診断ができるようになり、さらにMRIのように、切り口を自由にコントロールできる診断ができるようになってきました

レントゲンナビについて

当サイトに掲載されている店舗情報、営業時間、などは、記事執筆時の情報です。最新情報はオフィシャルサイトにて確認していただければと思います。