トップ レントゲンナビについて 相互リンク お問い合わせ 無料掲載について サイトマップ

レントゲンナビ放射線診療1 > 放射線科の放射線治療

放射線科の放射線治療

放射線科の放射線治療の画像

診療科としての放射線科には、治療を担当する部門も設けられています。検査を行うだけでなく、放射線を照射しての治療を実際に行っていくことを専門としています。先ほどもお話したように、放射線治療には副作用もありますので、正確な知識を持ったスタッフが専門に行うことが必要となってきます。

放射線治療医と呼ばれる専門のスタッフは、放射線治療を行う場合、それぞれの患者さんを診断しながら、どのような照射でどのような回数の投与を行っていくかということを綿密に計画していきます。実際に治療を行う際には、医師だけでなく、放射線技師、放射線物理士が立ち会い、機械の操作や放射線量の管理などを行います。

また、専門の看護師がつき、治療と副作用などへの対処をすることも重要です。放射線治療には患者さんが痛みを感じることはありませんが、副作用はありますので、それについてしっかりと問診をし、ヒアリングをしながら治療を進めていく必要があります。

実際に治療には10分程度の所要時間がかかります。照射は数分ですが、準備も含めるとこの程度の時間がかかるようです。実際にデータによれば、現在日本では、ガン患者の25%程度は放射線治療を受けることがあるとされています。それだけ放射線治療が一般的になってきたということもできるでしょう。

他の治療を併用するのはもちろんのこと、放射線治療のみで完治する場合もあります。ガンについては個人差がありますので、治療計画については、放射線治療単独ではなく、他の診療科との連携で行う場合が多いと考えるべきでしょう。また、病巣そのものへのアプローチはもちろんのこと、痛みを取り除くという目的のために放射線治療が使われる場合もあります。

これは、病巣そのものを全て取り除くことができなくても、その動きをけん制し、弱めることにより、苦痛を取り除くことができるというものです。こうした目的のため、放射線科では放射線治療を行っていくのです。



スポンサー広告

ネットショップ広告


レントゲンナビのおすすめ業者一覧はこちら。

今日のお勧め記事 ⇒ MRI検査

X線とCTの検査についてお話してきましたが、最近ではさらに進歩した検査の方法として、MRI検査があります。これは電磁波を利用した検査のことで、強い磁場の装置の中に人体をおいて、ラジオ波を照射することで検査をするというものです。装置に対してラジオ波を照射すると、照射を停止したときに人体からラジオ波が発せられることになります。 これをアンテナのような装置で測り、検出します。それをコンピュータを使って画像として作成するというものです。X線は平面の画像による診断、CTでは断層、つま

レントゲンナビについて

当サイトに掲載されている店舗情報、営業時間、などは、記事執筆時の情報です。最新情報はオフィシャルサイトにて確認していただければと思います。