トップ レントゲンナビについて 相互リンク お問い合わせ 無料掲載について サイトマップ

レントゲンナビ放射線診療1 > 放射線による治療2

放射線による治療2

放射線による治療2の画像

放射線を使った治療法には、外部照射療法の他にも方法があります。その一つは小線源治療という治療法です。これは、粒状の小さな線源といわれる放射性物質をガンの中に入れることで、ガンの内部から放射線をあてるというものです。ガン細胞の中から放射線を照射するという方法をとることで、周囲の正常な細胞を傷つけたりダメージを与えてしまうことなく治療ができる、という方法です。

このような方法なので、どの治療にも用いることができるというよりも、一定のガンの治療の方法として選択されることが多いということができるでしょう。この治療の場合、使われる放射線には、セシウムやヨード、イリジウムなどがあります。また、この治療法が用いられるガンには口腔、舌、乳房、前立腺、食道、子宮頸部、肺などがあります。

食道や子宮頸部、肺などの場合には、あらかじめ器官の管の内部にチューブを装着して、そこに放射線源を挿入して治療を行うという方法がとられます。また、このような方法ではなく、ガンの病巣に針を貫くように刺しておくという組織内照射という方法もあります。これは、管などを利用することができない場合に、病巣に限定して照射を行うために取り入れる方法です。

部位を限定できるという意味で効果的な方法ではありますが、必ずしも単独で用いられるということではなく、外部照射治療と併用することもあります。日本では、前立腺ガンや子宮ガンでもっともこの治療が効果を示しているようです。病巣の形状などもあると思いますが、効果的に使える方法なのでしょう。

たとえば子宮のケースを見てみると、やはり外部照射治療と併用して行っています。外部照射を行ってから、ポイントを定めて腔内照射を行うという方法が一般的です。照射をする場合には、器官内に装着したチューブと放射性物質の格納された機械をつなぎ、照射していきます。病巣によって複数照射する場合もあります。補助装置を使うことで、器官内に違和感や痛みを感じることもあるようです。



スポンサー広告

ネットショップ広告


レントゲンナビのおすすめ業者一覧はこちら。

今日のお勧め記事 ⇒ 医療に使う放射線

放射線について基本的な知識が見えてきたところで、医療の現場、診療の現場ではどのような放射線を利用するのか、ということについてまとめてみることにしましょう。私たちが日ごろ一番お世話になっている放射線といえば、なんといってもやはりX線なのではないでしょうか。 X線検査という言葉を使ったことがない人はいないと思いますし、なにかしらの検査においてX線の検査をしたことがあるのではないでしょうか。X線の検査はレントゲンとも言われているので、この言い方になじみがあるという人もいるかもしれ

レントゲンナビについて

当サイトに掲載されている店舗情報、営業時間、などは、記事執筆時の情報です。最新情報はオフィシャルサイトにて確認していただければと思います。