トップ レントゲンナビについて 相互リンク お問い合わせ 無料掲載について サイトマップ

レントゲンナビ放射線診療1 > 放射線治療による副作用について

放射線治療による副作用について

放射線治療による副作用についての画像

放射線を使った治療で気をつけておきたいことは、この治療法には副作用の心配があるということです。放射線を使っていますから、これについては治療を受ける前に医師ときちんとコミュニケーションをとり、納得した上で治療計画を立てていく必要があります。それでは、おこりうる副作用について考えておくことにしましょう。

副作用は、人それぞれに個人差があります。まったく感じないという人もいますし、ひどい副作用に悩まされる人もいます。年齢などによっても個人差があるといわれていますし、部位や病気の状態によっても感じ方には違いがあります。もっとも一般的な副作用としては、多くの人が訴えるのは倦怠感です。

なんとなくだるく、重い感じがする、というのはよく見られる副作用です。そしてだるさに伴い、食欲が落ちる、という副作用も見られるようです。また、照射をすると、照射した部分の皮膚が赤くなったりカサカサしたり、日焼けしたような感じになることもあります。

こうした副作用については、治療が終われば徐々に感じなくなっていくことが多いのですが、皮膚の副作用については、治療部位が治療前と比べて濃く残ることもあるので注意しましょう。こうした副作用を心配し、日常生活が制限されるのではと考える人もいるようですが、放射線治療に関しては、日常生活の活動が制限されることは特にありません。

放射線治療を受けていても、通常日常の生活を送ることができます。ただし、不規則な生活は避け、できるだけ休息を取りながら生活するようにするとよいでしょう。また、放射線治療をすると、白血球と血小板の数が少なくなってしまうこともあります。こうした現象は、感染が起こらないようにと体が戦った印でもあります。

こういう状態になった場合、治療を中止して様子を見るということもありますので、医師の指示に従うようにしましょう。脱毛する場合もありますが、それは頭部に照射を受けている場合に限られるようです。



スポンサー広告

ネットショップ広告


レントゲンナビのおすすめ業者一覧はこちら。

今日のお勧め記事 ⇒ 核医学検査

核医学という言葉を聞いたことがあるでしょうか。放射線を使った新しい医療の方法として注目されているのが核医学です。これは、ごくごく微量の放射線を出している薬品を目印として病気の診断や治療をする、というものです。ごく微量の放射線を出す薬品のことは、ラジオアイソトープといいます。 核医学という言い方ではなく、このアイソトープという名称を検査の名前に使っているところもあるようですが、これは核医学のことです。また、RI検査という言い方をするところもあります。この検査はどのように行うの

レントゲンナビについて

当サイトに掲載されている店舗情報、営業時間、などは、記事執筆時の情報です。最新情報はオフィシャルサイトにて確認していただければと思います。