トップ レントゲンナビについて 相互リンク お問い合わせ 無料掲載について サイトマップ

レントゲンナビ東京都 > ブルー・ベルソフトコンサルタント株式会社

ブルー・ベルソフトコンサルタント株式会社

ブルー・ベルソフトコンサルタント株式会社

ソフトウェアの開発・販売

ブルー・ベルソフトコンサルタント株式会社:DATA
住所〒160-0002
東京都新宿区坂町5-5
電話03-3341-6120
FAX03-3341-6130
URLhttp://www.bluebell-s.com
営業月~金 09:00~18:00休業日 土・日・祝日
駐車場
業種ソフトウェア業、翻訳業
アクセス(最寄駅)
○JR線・四ツ谷駅四ツ谷口・徒歩6分
○地下鉄南北線・四ツ谷駅・2番、3番出口徒歩6分
○地下鉄丸の内線・四ツ谷駅四谷口・徒歩7分
お役立ち情報放射線治療RIS
BlueStat Lightモデル/BlueStat Workstationモデル/BlueStat Serverstationモデル

特徴
新モデル「BlueStat Light」
データベースは業務別管理
DICOM RTにて治療計画装置からプランデータの取得
「BlueStat Web」
IMRTの回転方向利用率(CW、CCW)の計算に対応

ブルー・ベルソフトコンサルタント株式会社の地図

東京都新宿区坂町5-5

ブルー・ベルソフトコンサルタント株式会社の詳しい情報です!

BlueStatは、放射線治療現場の要望に応じて開発された放射線治療RIS。
データベースを運用することにより、正確な統計処理を実現し、放射線治療に
従事される方々の治療管理の負担と時間を大幅に削減。
BlueStatの外部インターフェースは、リニアック、診断RIS及び電子カルテと接続でき、
会計情報を含めた放射線科における放射線情報システムの一環として利用。
Webサーバ参照機能を搭載しており、他の病院の依頼科からもWebで患者の治療状況がわかり、
広範囲で容易に放射線治療に取り組むことが可能。
ブルー・ベルソフトコンサルタント株式会社では、治療技術が日々進化していく
放射線治療現場に対して、放射線治療RISの開発に積極的に取り組んでいる。
現モデルの放射線治療RIS BlueStatに、新たに「BlueStat Light」モデルが加わった。
またDICOM RTにより、治療計画装置からプランデータも取り込むことが可能となり、
治療計画データと照射録データを明確に区別して管理できる。
データベースは業務別管理となり、今行いたい操作を瞬時に表示しわかりやすいオペレーションである。
IMRTの回転方向利用率(CW、CCW)の計算に対応し、より高度な技術の検証を行うことができる。


* BlueStat Light 小規模用
  リニアックを1台くらい保有する小規模な施設に対して適している。
  Microsoft SQL Server 2005・2008 Workgroupを実装し、既存のモデルと比較して
  パフォーマンスはそのままに、価格は既存のモデルより低価格となっている。

* BlueStat Workstation 小・中規模用
  リニアックを1台から2台保有する施設に対して、ワークステーションの1台をサーバ機として使用する。
  サーバには、Microsoft SQL Server 2005・2008 Standardを実装する。

* BlueStat Serverstation 大規模用
  リニアックを複数台保有し、クライアントワークステーションを5台以上配置するような施設に適している。
  サーバは専用のサーバ機を設置し、Microsoft SQL Server 2005・2008 Standard/Enterpriseを実装する。



スポンサー広告

ネットショップ広告


レントゲンナビのおすすめ業者一覧はこちら。

今日のお勧め記事 ⇒ 放射線科とは

大きな病院になると、診療科がそれぞれにわかれていますが、放射線を扱う科として放射線科が設けられています。それでは、実際に放射線科ではどのような診療が行われているのでしょうか。見ていくことにしましょう。 放射線科の仕事は、現在だいたい大きくわけると3つの仕事に分かれています。まず一つ目は、一番有名な仕事になりますが、画像による診断を行うというものです。他の診療科から依頼を受け、適切な診療を行うための検査として行われていることが大半です。X線のほかにCT検査、MRI検査などがあ

レントゲンナビについて

当サイトに掲載されている店舗情報、営業時間、などは、記事執筆時の情報です。最新情報はオフィシャルサイトにて確認していただければと思います。